【仮想通貨の基本】アービトラージとは?儲かるのか儲からないのか?

仮想通貨
はてなネコ
はてなネコ

アービトラージってよく聞くけど、どういうのか分からない・・・
儲かるの?儲からないの?

「仮想通貨のアービトラージってどうなんだろう?」と気になっていませんか?アービトラージという言葉を聞いたことはあっても、内容まではよく知らないという方もいるかもしれません。

そこでこの記事では、アービトラージとはそもそも何なのか、意味から解説していきます。

仮想通貨のアービトラージの意味とは?

アービトラージは、複数の取引所間の価格差を利用し差益を稼ぐ取引のことです。取引所で販売されている仮想通貨の価格は、取引所によって微妙に差があります。

それぞれの取引所では、市場価格のままではなく、独自の価格で販売しているのです。
そのため価格の安い業者でビットコインを購入し、高く売れるところで売却することで差益を得られます。
アービトラージとは、「安く買い高く売る」という、非常にシンプルな仕組みで利益を出すことという理解でとりあえず問題ありません。
▼仮想通貨を始めるならコインチェックがオススメ▼
コインチェック▶今なら新規登録で入会ボーナスがもらえます!!

アービトラージのやり方

アービトラージのやり方
  • 安い取引所で購入し、高く売れる取引所に送って売却する
  • 2つの取引所で同時に売買を行う

安い取引所で購入し、高く売れる取引所に送って売却する

安く買える取引所で購入し、高く売れる取引所に送って売却する非常にシンプルな方法です。一例としてビットコインの価格が以下の表にようになっているとします。

A取引所 買値 : 550万円

売値 : 545万円

B取引所 買値 : 540万円

売値 : 535万円

このときに、B取引所では1BTC=540万円で購入でき、ビットコインはA取引所では1BTC=545万円で売却可能です。そのため、Bで購入したビットコインを、Aに送り売却すれば利益が出ることが分かります。

現実的にはここまで大きな価格差が出ることはまれです。しかし、基本的な考え方はこんな感じです。
この方法のメリットは、なんと言っても概念が理解しやすいこと。安い取引所で購入し、高い取引所で売るだけなので非常にシンプルです。
手法が理解しやすいので、初めての方にオススメの方法と言えます。

2つの取引所で同時に売買を行う

あらかじめ2つの取引所に入金しておき、同時に売買をする方法もあります。この場合も先ほどと同じ状況で考えてみます。以下の表をご覧ください。

A取引所 買値 : 550万円

売値 : 545万円

B取引所 買値 : 540万円

売値 : 535万円

このときにAでは1BTCを売却し、Bでは1BTC購入するとします。先ほどはBで購入したものをAに送金し売却しました。今回は違うやり方をします。あらかじめそれぞれの取引所に入金しておき、同時に売買するのです。

A取引所で1BTCを売却し、それと同時にB取引所で1BTCを購入します。

すると「545万円ー540万円=5万円」の利益が出ます。

このように、前もって2つの取引所に入金しておくと、即座に利益を出すことができます。仮想通貨の送金中の値動きが原因で、利益が出なくなる心配もいりません。

あらかじめ2つの取引所に入金しておけば、送金中の価格変動が原因でアービトラージが失敗することは無くなります。

アービトラージのメリット

アービトラージのメリット
  • 価格変動が小さくても利益を出せる
  • 仮想通貨の知識が少なくてもできる
  • 通常の取引よりもリスクは小さい

価格変動が小さくても利益を出せる

アービトラージは、価格変動がほとんどないような相場でも、利益を出すことができます。

仮想通貨は動きがほとんどない時期も存在します。そういうときはアービトラージをするのもいいでしょう。

通常の取引では、価格変動が無いと有効なトレードができません。しかし、アービトラージなら、取引所の間で価格差さえあれば利益を出せます。

▼仮想通貨を始めるならコインチェックがオススメ▼
コインチェック▶今なら新規登録で入会ボーナスがもらえます!!

取引の知識が少なくてもできる

アービトラージのメリットは?

取引の知識が少ない人でも、問題なく利益を出せるというメリットもあります。ビットコインの取引をする際には、様々な専門用語が出てきて苦労することが多いです。また、チャートを見て取引する際には、テクニカル分析の知識も必要になります。

様々な知識が必要になり、初心者の方にはハードルが高いです。一方で、アービトラージでは価格差だけを見ればいいので、知識が少なくとも取り組めます。

▶▶仮想通貨でよく使われる用語についてはこちらの記事で解説をしています。

通常の取引よりもリスクは小さい

アービトラージは、仮想通貨価格の変動で利益を出す通常の取引に比べてリスクは小さいと言えます。取引所間の差益だけを狙って売買するため、仮想通貨購入後すぐに手放すからです。

アービトラージでは、仮想通貨を所有する時間が短いので、価格変動の影響で損をするリスクはほとんどないでしょう。
仮想通貨は価格の変動が非常に大きいため、価格の変動で利益を出そうとし大損してしまうことが珍しくありません。アービトラージであればこういった心配はほぼ無用と考えられるでしょう。

アービトラージのデメリット

アービトラージのデメリットは?

アービトラージのでデメリット
  • 取引所間で送金している間に価格差がなくなる可能性
  • 価格差が生じるまで待つ必要がある
  • 稼げる金額が小さい

取引所間で送金している間に価格差がなくなる可能性

アービトラージをするには、取引所で購入した仮想通貨をほかの取引所に送る必要があります。送金に時間がかかると、その間に相場変動が発生し、価格差が無くなることがあり得ます。

仮想通貨はボラティリティが広く、短い時間でも相場が大幅に変動する可能性があります。最悪の場合マイナスが出る恐れもあるので、十分に気を付けましょう。

送金中の為替変動リスクを避けるためには、2つ以上の取引所で同時に売買するのがオススメです。

僕がアービトラージをする際に使っている日本の取引所は合『Coincheck(コインチェック)と『ビットバンク(Bitbank)』です。

どちらも日本の金融庁お墨付きですので、安心して取引が出来ます。

▶▶ビットバンクについてはこちらの記事で紹介しています。

▶▶Coincheck(コインチェック)についてはこちらの記事で紹介しています。

価格差が生じるまで待つ必要がある

アービトラージのデメリットは?

アービトラージは、複数の取引所間で価格差が生じていなければ成立しません。しかし、現実には価格差で利益が出せるほどに、大きな価格差はなかなか発生しません

そのため、長時間チャートを観察し続け、アービトラージ可能なタイミングが来るのを待つ必要があるのです。

長時間チャートを観察する時間的な余裕が無いと、アービトラージで利益を出すのは困難でしょう。

アービトラージを行う際には十分な時間が取れるのかどうかを考えて置く必要があります。長時間待機し、適切なタイミングが来るのを待つだけの、時間的余裕があるのかを考える必要があります。

時間の余裕が無い場合には、アービトラージ以外の稼ぎ方を選択すべきと言えるでしょう。

アービトラージは利益を上げられる確率が非常に高い反面、待ち時間が長い傾向があります。

稼げる金額が小さい

アービトラージのデメリットは?

アービトラージで稼げる金額は基本的に小さくなりがちです。多くの場合、取引所間で生じる価格差はそれほど大きくはならないからです。

そのため、一度の利益で稼げる金額はわずかなものになります。まとまった利益を出すには、繰り返し取引しないと十分な利益にはならないでしょう。

アービトラージはリスクが小さい分、得られる利益もどうしても控え目になりがちです。

アービトラージが禁止されている取引所はある?

国内取引所の中には、アービトラージを禁止している取引所はありません。現時点では好きな取引所を使って問題なさそうです。

実際に行う前に規約を確認したほうがいいですが、アービトラージを行っても特に問題は発生しないでしょう。
しかし、今後どうなるかはわかりません。アービトラージ禁止の取引所が出てくる可能性も否定はできません。各取引所の発表には常に目を通し、行っても大丈夫かどうかは確認すべきと言えます。

 

FXの海外業者ではアービトラージ禁止のところも存在します。仮想通貨業界でも、いずれ禁止になる日が来るかもしれません。

アービトラージにおすすめの仮想通貨取引所

仮想通貨でアービトラージを行うなら、複数の取引所で口座開設する必要があります。ぜひここで紹介するおすすめの取引所を参考にして下さい。

CoinCheck(コインチェック)

コインチェックのココがおすすめ
  • 取扱コインは国内最多の17種類
  • 最短1日で取引開始できる
  • 取引所の手数料が無料
  • 国内仮想通貨取引アプリダウンロード数No.1

マネックスグループの仮想通貨取引所。大手金融グループのため、セキュリティの高さに安心感があります。

17種類もの通貨を扱っており、豊富な種類から選択可能です。取引所の手数料が無料となるため、無駄な出費がない点も特徴となります。

20歳以上から75歳未満で日本国内に居住している方が口座開設の申し込み対象となるので、未成年やシニアの方は注意が必要です。

アプリのダウロード数No.1!初心者にも使いやすい証拠と言えますね。

取扱い通貨数 17種類
レバレッジ 無し
販売所手数料 無料
取引所手数料 無料
仮想通貨の送金手数料 通貨によって変わる
入金手数料 コンビニ入金:770円から(税込み)
クイック入金:770円から(税込み)
出金手数料 407円(税込み)
社名 コインチェック株式会社
▼仮想通貨を始めるならコインチェックがオススメ▼
コインチェック▶今なら新規登録で入会ボーナスがもらえます!!
▶▶Coincheck(コインチェック)についてはこちらの記事で紹介しています。

Bitbank(ビットバンク)

取引所名 ビットバンク(Bitbank)
公式HP ビットバンク(Bitbank)
交換所タイプ 取引所
取引手数料 maker:-0.02%
taker:0.12%
スプレッド 0.01%〜
取り扱い通貨 ビットコイン(BTC)
ビットコインキャッシュ(BCH)
イーサリアム(ETH)
ライトコイン(LTC)
リップル(XRP)
モナコイン(MONA)
レバレッジ取引 なし(2019年3月31日サービス終了)
入金手数料 無料
出金手数料 3万円未満:540円
3万円以上:756円

ビットバンク(Bitbank)は、国内で最大の取引量を誇る暗号資産(仮想通貨)取引所。

さらに「ICORating」による取引所セキュリティレポートで国内第1位(世界第22位)という評価を受けるなど、セキュリティの高さにも定評があります
セキュリティ面において、ビットバンクを利用するメリット・デメリットをまとめてみました。
新規会員登録キャンペーン実施中
▶▶ビットバンク(Bitbank)についてはこちらの記事で紹介しています。

仮想通貨のアービトラージの注意点3つ

仮想通貨のアービトラージの注意点3つ

アービトラージをするときの注意点は以下の3つです。

アービトラージの注意点
  • 手数料がかかる
  • 大きな資金が必要になる
  • 送金に時間がかかる場合がある

手数料がかかる

1つ目の注意点が、取引時と送金時に手数料がかかることです。

アービトラージはトレードとは違い、堅実に少額を狙っていく方法なので、手数料がかりすぎると結局利益にならなかったなんてこともあります。

取引量が多くなることで手数料が高くなってしまうケースもあるので注意しましょう。

また送金手数料は取引所や通貨によっても異なります。アービトラージをするときにかかる手数料=コストと利益を計算し、純利益で考えるようにしましょう。

大きな資金が必要になる

アービトラージは取引所間の小さい歪みを狙うもの。大きな差が開くことはあまりないので、利益を出すには大きな資金が必要になります。

最低でも数百万はないと満足した利益は出せません。巨額な資金を扱う投資家は高い利益を得られますが、個人投資家には難しいのが現状です。

まずはアービトラージができるようなまとまった資金を用意することから始めましょう。

送金に時間がかかる場合がある

アービトラージをするには取引所から、他の取引所へ送金が必要です。このとき、送金時間がかかることも頭に入れておきましょう。

仮想通貨の価格は秒単位で変動しているので、送金完了時には差が狭くなっていることもあります。

通常ならビットコインは10分以内、リップルは1分以内に送金完了しますが、ブロックチェーンにおけるトランザクションの承認状況によっては最悪数日かかってしまうこともあるので注意です。

秒を争うサヤ取りには不向きです。

まとめ

今回の記事では、仮想通貨のアービトラージについて解説しました。アービトラージは、リスクを抑えて手堅く利益を得られる取引方法です。

チャートを観察する時間が長くなるなどのデメリットも存在しますが、様々なメリットも存在する取引の手法と言えるでしょう。

アービトラージを行うには複数の取引所の口座があったほうが有利です。今回紹介した中から数か所を選び、開設するといいでしょう。

▼仮想通貨を始めるならコインチェックがオススメ▼
コインチェック▶今なら新規登録で入会ボーナスがもらえます!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました