仮想通貨とビットコインはどう違うのか?仕組みやリスク・基本用語も解説

仮想通貨
はてなネコ
はてなネコ

仮想通貨(暗号資産)とかビットコイン、アルトコインとかよく聞くけど、どう違うの?
エアドロップってなに?

 

仮想通貨(暗号資産)に興味があっても、実際にはどういうものなのか、リスクはないのかなどの不明点や不安な点があり、なかなか参入しにくい分野でもあります。

そこで今回は、そもそも仮想通貨(暗号資産)とは何かという基本的なことをはじめ、仕組みや売買方法なども解説します。

初心者の方が仮想通貨を始める場合『Coincheck(コインチェック)』が使いやすく初心者の方にはオススメです。

▶▶Coincheck(コインチェック)についてはこちらの記事で紹介しています。

▼仮想通貨を始めるならコインチェックがオススメ▼
コインチェック
▶今なら新規登録で入会ボーナスがもらえます!!

仮想通貨とは?初心者にわかりやすく仕組みを解説!

仮想通貨(暗号資産)とは?初心者にもわかりやすく解説!

仮想通貨とは暗号資産とも言い、インターネット上で使用できる世界共通の通貨です。デジタルの通貨なので、日本円やドルのように実際に触ったり見たりすることはできません。

世界共通の通貨なので、同じ仮想通貨であれば世界中どこでも同じ価値として利用できます。
日本にいるとわかりにくいかもしれませんが、世界には日本円のように価値が安定している国ばかりではなく、通貨の価値が乱高下を繰り返しているような国もあります。
経済状況が安定していない国では仮想通貨(暗号資産)のほうが信用できると考え、資産管理を仮想通貨で行う人もいます。
日本でも、2017年4月に施行された「改正資金決済法」にて、仮想通貨(暗号資産)が決済手段として正式に認められました。

仮想通貨の主な仕組みは「ブロックチェーン」

仮想通貨(暗号資産)はデータのため、改ざんや不正が行われやすいと思われがちです。しかし、仮想通貨(暗号資産)はブロックチェーンという仕組みを取り入れることで、改ざんや不正を防いでいます。

ブロックチェーンとは
複数のコンピューターで同じデータを保有する仕組みのこと。ひとつ書き換えるためにはすべてのデータを書き換える必要があるため、改ざんしにくいのがメリット。
また複数の人が同じデータを持っているため、透明性も兼ね備えている。
ブロックチェーンは、人件費がかからない分コストを抑えられるシステムです。これにより、取引手数料などを安くできると考えられます。

▶▶ブロックチェーン技術についてはこちらの記事で紹介しています。

仮想通貨(暗号資産)で行える取引

仮想通貨(暗号資産)では、以下の4つの取引ができます。

仮想通貨でできること
  • 決済:買い物などの代金を支払う
  • 投資:仮想通貨を売買して利益を得る
  • 送金:他の人に仮想通貨を送る
  • ファンディング:仮想通貨で寄付や投資をする

インターネット上でしか使えないことを除けば、原則として現金と同じような使い方ができます。

メリットとしては、現金でのやり取りよりも手数料が低く抑えられる点や、手数料が安価のため、寄付や投資をより手軽に行える点などが挙げられます。

仮想通貨はデータなので、送金などにも時間がかからないことも大きなメリットと言えるでしょう。

▼仮想通貨を始めるならコインチェックがオススメ▼
コインチェック▶今なら新規登録で入会ボーナスがもらえます!!

仮想通貨で利益を出す仕組み

利益を得るための基本的な方法は株と同じで、安く購入して高く売ることで利益を得られます。購入時と売却時の値上がり幅により利益を得るのです。

取引方法には「現物取引」「先物取引」の2種類があります。
現物取引とは、実際に仮想通貨(暗号資産)を購入して売ることです。手元に仮想通貨を所有しておく必要があります。一方で先物取引は、いずれ仮想通貨(暗号資産)を購入して売ることを約束する方法です。

よく聞く「ビットコイン」とは?

ビットコインは「仮想通貨」や「暗号通貨」の銘柄の1つで、インターネット上でやり取りするお金です。

電子データのみでやりとりされる通貨であるため、デジタル通貨と呼ばれることもあります。
2009年にビットコインの運用が開始されて以降、さまざまな仮想通貨が登場しました。世界中で流通している仮想通貨の銘柄は、現在3,000種類を超えています。
その後、法定通貨と仮想通貨(暗号資産)を交換する「仮想通貨取引所」が登場したことで、仮想通貨(暗号資産)の保有が急速に広がったのです。
中でも知名度が高い銘柄であるビットコインについて、特徴を詳しく紹介していきます。

ビットコインの特徴

ビットコインの特徴
  1. 中央管理者がいない
  2. 発行上限がある
  3. 換金できる

中央管理者がいない

ビットコインを含む仮想通貨には中央集権的な発行主体や管理者が存在しませんこれが法定通貨とは違う点の1つです。

ブロックチェーンという仕組みによって、価値を担保しています。
ブロックチェーンとは、ネットワークに接続した複数のコンピュータでデータを共有し、データの耐改ざん性・透明性を実現するものです。

発行上限がある

通常、法定通貨の場合は国の経済状況に応じて、中央銀行が通貨の発行枚数を調整しています。

一方、仮想通貨には中央管理者がいないため、発行枚数を調整することはできません。そのため、ほとんどの仮想通貨は発行上限枚数が決められています。
例えばビットコインの場合、発行上限枚数は2,100万枚です。上限を定めることによって、貨幣の価値が維持されているのです。

換金できる

仮想通貨と似たものとして、電子マネーがありますが、電子マネーは法定通貨に換金することができません

一方、仮想通貨は、時価で売買を行うことができます。銀行などの中央管理者はいないため、個人間で直接取引を行う点が特徴です。

仮想通貨の用語解説【初心者必見】

仮想通貨を調べると、よく見るし聞くけど分からない用語が多いのではないでしょうか。ここからは初心者向けに仮想通貨のよく聞く用語を解説します。

ここで紹介する仮想通貨関連用語
  • ステーキング
  • レンディング
  • エアドロップ
  • スナップショット
  • アービトラージ
  • NFT

ステーキング


参照:https://sakepool.com/blog/ofwevj4vt51l/

仮想通貨ではトレード以外にもさまざまな方法で利益を得ることができます。

その中のひとつがステーキングで、対象通貨を保有しているだけで報酬を得られる仕組みのことを指します。

受取日まで保有しておくことで報酬を受け取れ、年利にすると3%〜6%くらいとなります。イベント参加のためのステーキングでない限りは、いつでも売却できるのがメリットです。

▶▶ステーキングについてはこちらの記事で紹介しています。

レンディング


参照:https://fisco.jp/media/crypt-lending/

ステーキングと同じようなサービスにレンディングがあります。貸暗号資産と呼ばれるもので、取引所に仮想通貨を貸すことで利益を得られます。

 貸し出し中の売却はできませんが、あらかじめ決まった賃借料を受け取れるメリットがあります。
またステーキングとは違いたくさんの銘柄で貸し出し可能です。レンディングを提供している仮想通貨取引所はCoincheck(コインチェック)がおすすめです。
コインチェックがオススメな理由

  • 取扱コインは国内最多の17種類
  • 最短1日で取引開始できる
  • 取引所の手数料が無料
  • 国内仮想通貨取引アプリダウンロード数No.1

▶▶Coincheck(コインチェック)についてはこちらの記事で紹介しています。

▶▶レンディングについてはこちらの記事で紹介しています。

エアドロップ


参照:https://www.fisco.co.jp/media/crypto/crypto-airdrop/

▶▶エアドロップについてはこちらの記事で紹介しています

企業や取引所が宣伝のためにエアドロップを実施することがあります。

これは企業や取引所が指定した通貨を保有しておくと無償でトークンが配布されるイベントです。

無料だったトークンが取引所に上場し、数百倍になることも。
もともと無償だったものに高い価値がつく可能性があるので、必ず参加したいイベントの1つです。

スナップショット

エアドロップは対象通貨を保有しておくことでトークンが配布されるイベント。

対象通貨を保有しておく日や時間は指定されており、そのタイミングでデータが保存されます。

このデータ保存を行うのを「スナップショット」と呼びます。
「指定の日時に対象通貨を保有しているか」、証拠として撮影しておくイメージです。

アービトラージ


参照:https://coinpedia.cc/cryptocurrency-arbitrage

▶▶アービトラージについてはこちらの記事で紹介しています

アービトラージは日本語で裁定取引と呼ばれるもの。

本来同じ価値を持つものが、なんらかの歪みで差が生まれたときに割高な方を売る、割安な方を買って利益を出す手法を言います。

例えばA取引所で購入したBTCがBの取引所ではもっと価格が高い場合、Bに送金し売却して利益を得ます。
他に現物取引と先物取引で価格差が生まれているときに利益を得る方法もあります。
別名で「鞘取り」とも呼びます。

NFT


参照:https://fisco.jp/media/what-is-nft/

NFTは非代替性トークンと訳すもの。

デジタル商品は簡単にコピーができるので、商品自体に価値はあってもデータ自体に価値は今までありませんでした。

しかしNFTの技術はデータのブロックチェーン上に代替えができない所有権を組み込めます。

これによりデータは唯一無二の存在となるので、データ自体に価値が生まれるようになったのです。

2021年ゲームやアートなど色んな分野でNFTが盛り上がっています。

▶▶NFTについてはこちらの記事で紹介しています。

仮想通貨(暗号資産)の始め方

仮想通貨を始める流れは、以下の通りです。

仮想通貨の始め方
  1. 仮想通貨の口座を作る
  2. 口座に入金する
  3. 取引を開始する

まずは仮想通貨をやり取りするための専用口座が必要になります。希望の仮想通貨を扱っている取引所に口座を開設しましょう。

手続きはすべてWeb上ででき、本人確認書類や入力内容に不備がなければ、最短で当日や翌営業日に口座開設できます。

口座を開設したら、開設した口座に現金を入金する必要があります。入金方法は以下の3種類が主流です。

入金方法の例
  • 銀行振り込み
  • コンビニ入金
  • クイック入金

細かな入金方法は取引所ごとに違うので、各取引所の公式ページなどで確認しておくと良いでしょう。

おすすめの仮想通貨取引所アプリ3選

CoinCheck(コインチェック)

コインチェックのココがおすすめ
  • 取扱コインは国内最多の17種類
  • 最短1日で取引開始できる
  • 取引所の手数料が無料
  • 国内仮想通貨取引アプリダウンロード数No.1

マネックスグループの仮想通貨取引所。大手金融グループのため、セキュリティの高さに安心感があります。

17種類もの通貨を扱っており、豊富な種類から選択可能です。取引所の手数料が無料となるため、無駄な出費がない点も特徴となります。

20歳以上から75歳未満で日本国内に居住している方が口座開設の申し込み対象となるので、未成年やシニアの方は注意が必要です。

アプリのダウロード数No.1!初心者にも使いやすい証拠と言えますね。

取扱い通貨数 17種類
レバレッジ 無し
販売所手数料 無料
取引所手数料 無料
仮想通貨の送金手数料 通貨によって変わる
入金手数料 コンビニ入金:770円から(税込み)
クイック入金:770円から(税込み)
出金手数料 407円(税込み)
社名 コインチェック株式会社
▼仮想通貨を始めるならコインチェックがオススメ▼
コインチェック▶今なら新規登録で入会ボーナスがもらえます!!
▶▶Coincheck(コインチェック)についてはこちらの記事で紹介しています。

bitFlyer(ビットフライヤー)

bitFlyer(ビットフライヤー)

Bit Flyerのココがおすすめ
  • BTCの取引量が国内№1
  • 取引手数料など様々な手数料が完全無料
  • かんたん操作で取引できる
  • 13種類の仮想通貨を100円から売買可能
  • 創業以来ハッキング被害無しの、強固なセキュリティ
    ※Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2020年1月-12月の月間出来高(差金決済/先物取引を含む)

アカウント作成や維持、さらにはビットコイン販売所の売買手数料などが無料で利用可能です。利用者の資産を守るために強固なセキュリティを敷いており、安心して取引できるでしょう。

資金の分離管理、顧客資産の100%をコールドウォレットで保管、マルチシグ利用の徹底などの対策が行われています。
公式ページにはコラムが充実しており、仮想通貨についてわからない人に向けて丁寧に解説されています。
取扱い通貨数 13種類
レバレッジ 2倍
販売所手数料 無料
※別途スプレッドがあります。
取引所手数料 約定数量×0.01%~0.15%(単位BTC )
仮想通貨の送金手数料 通貨により異なる
入金手数料 銀行振込手数料 : 各銀行所定
クイック入金手数料
・住信SBIネット銀行から:無料
・住信SBIネット銀行以外から:330円(税込)
出金手数料 220円~770円(税込)
社名 株式会社bitFlyer

Bit Point(ビットポイント)

Bit Point(ビットポイント)

Bit Pointのここがおすすめ
  • 国内で唯一トロン・エイダ・ジャスミーを取扱い中
  • 初めてでも直感的に使用可能なスマホアプリ
  • さまざまな手数料が無料
  • 最短当日から取引スタートできる
  • レンディング対応で仮想通貨を増やすことも可能

BITPOINTのおすすめポイントは、他社未上場であるADA(エイダ)・JMY(ジャスミー)などの取引ができること。特にJMYは、2021年11月に入ってから3日間で2倍以上高騰している注目のコインです。

国内では、ビットポイントだけが取扱いしている通貨が複数存在します。
取り扱い通貨は10通貨と少ないですが、他社にはない魅力がたくさんあるのでサブ取引所としておすすめです。
取扱い通貨数 10種類
レバレッジ 2倍
販売所手数料 無料
取引所手数料 無料
仮想通貨の送金手数料 無料
入金手数料 振込入金:振込手数料のみ
即時入金:無料
出金手数料 無料
社名 株式会社ビットポイントジャパン

※参照 https://www.bitpoint.co.jp/

口座開設はこちら(無料)
BITPOINT

まとめ

仮想通貨はンターネット上で使用できるデジタル通貨です。世界共通の価値であるため公平で、さまざまな地域で支払いに使えます。

本記事で紹介したおすすめの取引所では、手数料が安いのはもちろん、初心者向けの使いやすいツールや少額投資など、さまざまなサービスを実施しています。

売り方や買い方も簡単で口座開設もスピーディーにできるので、手軽に始められます。

この機会にぜひ仮想通貨の取引にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

仮想通貨を始めるならコインチェックがオススメ▼
コインチェック▶今なら新規登録で入会ボーナスがもらえます!!

▶▶Coincheck(コインチェック)についてはこちらの記事で紹介しています。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました