仮想通貨を始めるなら「Coincheckつみたて」で放置がオススメ【積立投資】

仮想通貨
はてなネコ
はてなネコ

ビットコインが値上がりしてるから買ってみたい。でも価格がめっちゃ高いし、よくわからない…。ビットコインを買うのにオススメの買い方が知りたい。


▲2019年~2021年11月のビットコインの値動き
最近の仮想通貨の高騰っぷりを見て、仮想通貨を始めたいと考えている人も多いのではないでしょうか。仮想通貨はまさに今が初め時とも言えます。
2019年9月頃には1枚20万円ほどだったビットコインですが、2021年11月現在では、1枚約700万円と2年間で35倍ほどになっています。
かける
かける

2019年に20万円分買ってたら、今700万円の貯金だったのか・・・

この状況を見て、自分もビットコインを買ってみたいけど、どうやって買うのがオススメか知りたいという方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、ビットコインは積立投資がオススメということについて解説していきます。

ビットコインの積み立て投資を始めるためにまずは仮想通貨用の口座開設が必要になります。僕のオススメは日本最大の国内取引所であるコインチェックがおすすめです。

▶▶Coincheck(コインチェック)についてはこちらの記事で紹介しています。

▼仮想通貨を始めるならコインチェックがオススメ▼
コインチェック▶今なら新規登録で入会ボーナスがもらえます!!

暗号資産(仮想通貨)の積立とは?

暗号資産(仮想通貨)に投資する方法として、積立という方法があります。自動で積立投資を行なってくれるサービスも存在し、初心者でも取り組みやすいでしょう。

では暗号資産(仮想通貨)の積立とは一体どのようなものなのでしょうか?概要を解説していきます。

決まった日時に一定額を自動で購入する

暗号資産(仮想通貨)の積立とは、決まった日時に一定額を自動で購入する投資方法です。

購入回数を分散することによって、リスクを軽減できる、少額でも始められるといったメリットがあります。

コインチェック、GMOコイン、bitflyerなどの取引所でサービスが提供されています。

暗号資産(仮想通貨)自動積立サービスを利用すれば、何もしなくても暗号資産(仮想通貨)の購入・取引を行なってくれますので、非常に楽です。

普段投資のために時間を割けない方、初めて投資を行う方などに人気の投資方法となっています。

金額や購入頻度は自身で設定可能

暗号資産(仮想通貨)自動積立サービスを利用すれば、購入頻度や金額などを自信で設定することが可能です。

月1回購入するプランが基本となっています。購入金額は1円〜100万円程度まで設定できますので、無理のないようなプランを選んでみてください。

取引所によっては、毎日暗号資産(仮想通貨)を購入する「毎日プラン」を利用できます。

少額から暗号資産(仮想通貨)への投資を始めることができるので、今大きな資金を持っていないという場合でも利用できます。

暗号資産(仮想通貨)への投資は、あくまで余剰金から行うことを心がけましょう。

ビットコインはドルコスト平均法で買うのがオススメ


参照:https://fisco.jp/media/dollar-cost-averaging/

僕は毎月コツコツとビットコインを買い続けています。

年間予算は100万円ほどで、投資信託のインデックス投資とビットコインに分散しています。ビットコインの買い方として初心者におすすめなのは、ドルコスト平均法です。積立投資とも言われます。

✔ドルコスト平均法とは?
毎月決まった額でその銘柄をコツコツ買い続ける」投資法です。
例えば毎月1万円を投資する場合、値段が5000円の時は2口、2000円の時は5口購入できます。

この投資法は定番かつリスクも抑えられるので、初心者でもわりと高いパフォーマンスを出すことができます。

逆に「一括集中投資」で購入すると、より大きな収益を得ることができる可能性もありますが、大きな損失を生むリスクもあります。

少額をコツコツ積み立てるドル・コスト平均法は一度に得られる収益は少ないですが、安定した収益を得られる可能性もあり、一長一短と言えます。

かける
かける

ビットコインを普通にトレードして利益を出すのは至難の業ですからね…。

積立のシミュレーターによるとこんな感じです。

BTC積立シミュレーション-min (1)
参照:https://akilog.jp/bitcoin-saving-simulation/

たとえば、昨年から1年から毎月1万円を積み立てていたら、以下のとおり。

  • 積立額 120,000円
  • 評価額 547,245円
  • 利回り(年率) 355.06%

+447,245円年利355%と凄いことになっていますw

かける
かける

ぼくもこんな感じでコツコツ積み立ています。今後もしばらくは積立を続けていきます。

今やらないと、来年の今頃になって後悔しそうな気がします。

▼仮想通貨を始めるならコインチェックがオススメ▼
コインチェック▶今なら新規登録で入会ボーナスがもらえます!!

コインチェックがビットコインの積立投資に対応

2019年から、Coincheck(コインチェック)ドルコスト平均法での積立に対応しました。自分でその都度買うのが面倒な方は、積立にして放置でビットコインをコツコツ買っていくのが良さげです。

ビットコイン以外の他の仮想通貨にも対応しています。ちなみに、積立頻度は「月イチつみたて、毎日つみたて」から選べます。

積立プラン

毎日つみたてにすると、1回あたり300円くらいから買えるので、コンビニでコーヒーを買うのをやめて、毎日300円だけビットコインを買う」なんてことも可能です。

▼仮想通貨を始めるならコインチェックがオススメ▼
コインチェック
▶今なら新規登録で入会ボーナスがもらえます!!

手数料ってかかるの?

気になる手数料についてもまとめます。

積立投資を利用するための手数料は、無料です。

ですが、積立を利用する場合は、コインチェックの「販売所」で購入することになり、この販売所のレートは実質的に0.1%〜5.0%くらいの手数料が含まれていることを理解しておきましょう。

けっこう幅がありますが、相場が急変した時や、マイナーな通貨の場合は、この手数料が高くなる傾向があります

ビットコインについてはボラリティも大きく、手数料(スプレッド)も小さいため、積立とは相性が良いでしょう。

暗号資産(仮想通貨)を積立する方法


参照:https://www.shimizubank.co.jp/individual/investment/investment_trust/service/accumulationfund.html

暗号資産(仮想通貨)の積立投資について解説してきましたが、「積立したいけど、どうしたらいいの?」という疑問を抱えている方も多いでしょう。

この章では暗号資産(仮想通貨)を積立する方法を解説していきます。自分にもできそうだと感じる方法を選んでみてください。

暗号資産(仮想通貨)を積立する方法
  • 手動取引
  • 取引所の積み立てサービスを利用する
  • APIでシステムを構築する

手動取引

手動取引とは、その名の通り手動で暗号資産(仮想通貨)取引所を利用し、暗号資産(仮想通貨)を購入する方法です。

手動取引ならどの取引所を利用したとしても、積立投資を行えます。

手動取引には価格変動に合わせて投資金額を調整できる、珍しい銘柄の暗号資産(仮想通貨)に投資できるといったメリットがあります。

一方で価格変動に翻弄される、毎月決まった金額を投資する自制心を持つのは難しいというデメリットも存在します。

取引所の積み立てサービスを利用する

暗号資産(仮想通貨)の積立を行う方法としては、取引所が提供している自動積立サービスを利用するという方法もあります。

自動積立サービスとは、設定した購入頻度・金額に則って、自動で取引をしてくれるというものです。

手数料は利用する取引所や価格状況によって変動します。

暗号資産(仮想通貨)自動積立サービスを利用するメリットとしては、手間がかからない、価格変動をさほど気にしなくて良いという点が挙げられます。

しかし自動積立サービスを提供している取引所が少ない、マイナーな銘柄への投資が行えないといったデメリットもあります。

APIでシステムを構築する

プログラミング知識があるという方は、APIを利用し、自分でシステムを構築するという方法もあります。

暗号資産(仮想通貨)取引所が公開しているAPIを利用すれば、個人でも自動積立投資システムを作ってしまうことも可能です。

APIとは
企業や金融機関が、自社で提供しているサービスのソフトウェアを公開し、共有することを指します。

APIシステムを構築すると自分の好きなようにカスタマイズできる、手数料を抑えられるといったメリットがあります。

その一方で、プログラミング等の専門知識を必要とする、セキュリティも自分で行わなくてはならないといったデメリットもあります。

本格的に暗号資産(仮想通貨)の投資を行なっている方にはおすすめです。

暗号資産(仮想通貨)を積立する際のポイント

暗号資産(仮想通貨)のみならず、投資を行うと自分の資産を大きく減らしてしまうリスクもあります。

この章では暗号資産(仮想通貨)を積立する際のポイントについて解説していきます。投資を行う時は以下のような点に注意しましょう。

暗号資産(仮想通貨)を積立する際のポイント
  • 生活余剰金を投資する
  • リスクを分散することを意識する
  • 時間をかける

生活余剰金を投資する

暗号資産(仮想通貨)に限った話ではありませんが、投資を行う際は生活余剰金を使うようにしましょう。

余剰金を超えて投資してしまうと、余裕がなくなり正常な判断ができなくなってしまうため、より収益を出しにくい状況に追い込まれます。

投資金額の目安としては、資産の10%程度だとされています。

「最悪なくなってしまっても問題ない」と思える程度の金額を自身で設定し、それを超えることのないように注意しましょう。

また株や投資信託など、他の投資と並行して行う場合は、それぞれのウエイトを調整することをおすすめします。

リスクを分散することを意識する

暗号資産(仮想通貨)に投資する際は、リスクを軽減することを意識しましょう。リスク軽減には分散投資がおすすめです。

資産を1箇所に投資してしまうと、その投資対象の値段が下がった時、大きな損失を生むリスクを抱えてしまいます。

他の投資対象を複数持つこともおすすめです。

暗号資産(仮想通貨)の場合は、複数の銘柄・取引所を利用することでリスクを分散することができます。

▼仮想通貨を始めるならコインチェックがオススメ▼
コインチェック▶今なら新規登録で入会ボーナスがもらえます!!

時間をかける

暗号資産(仮想通貨)の積立を行う際は長期的な視点を持つことが非常に重要です。

短期的に大金をつぎ込めば大きな収益を得られる可能性がある一方で、大損失を抱える可能性もあります。

自動積立サービスは長期的に投資を行い、安定した収益を得ることを目的に提供されています。

暗号資産(仮想通貨)は日々価格変動しており、1日で数十%変動することも珍しくありません。

時間をかけてコツコツ投資を行えば、一時的に損をしてしまっても、長期的に見れば利益を得られる場合も多いです。


参照:https://www.shimizubank.co.jp/individual/investment/investment_trust/service/accumulationfund.html

コツコツとビットコインを積み立てよう

今回が暗号資産(仮想通貨)の積立について解説してきました。

一定期間に一定額を投資する暗号資産(仮想通貨)の積立は、大きな利益を生むことはできませんが、リスクを分散できる、少額から始められるといったメリットがあります。

しかし暗号資産(仮想通貨)の積立をしたからといって絶対儲かるわけではなく、価格変動状況によっては資産を減らすリスクもあるのです。

暗号資産(仮想通貨)の積立を行う際は、メリット・デメリット・リスクを理解した上で慎重に行う必要があると言えるでしょう。

Coincheck(コインチェック)でサクッと口座を開設して積立を設定したら、あとは放置でOKです。ビットコインの積立をうまく活用して、毎日300円くらいのビットコインを買ってみるといいですよ。

かける
かける

ビットコインの値動きに一喜一憂するのは無駄なので、積立で賢く資産を増やしちゃいましょう!

▶▶Coincheck(コインチェック)についてはこちらの記事で紹介しています。

▼仮想通貨を始めるならコインチェックがオススメ▼
コインチェック▶今なら新規登録で入会ボーナスがもらえます!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました