【仮想通貨の基本】DeFiの運用方法は?やり方も解説します

仮想通貨

 

はてなネコ
はてなネコ

DeFiを運用してみたいけど、どこのDeFiで運用するのが良いの?やり方も教えて欲しい

話題のDeFi、金利数%~数十%といわれており、今の内に始めて資産を増やしたいところですよね。

今回はそんな方に向けて、イーサリアムを運用できるDeFiを紹介します。

実際にイーサリアムをDeFiで運用したい方向けに、DeFiの始め方についても解説しますので是非ご覧ください。

DeFiとは

まずは簡単に、DeFiとは何なのか、を解説しておきたいと思います。

DeFiは「Decentralized Finance」の略であり、日本語では分散型金融と呼ばれています。

金融と聞けば、銀行とかを思い浮かべると思いますが、DeFiでは銀行のような仲介者を必要とせず、取引を行うことができます。

他にも特徴は様々ありますが、DeFiを利用して金利を得ることができるのは大きな特徴の1つですね。

この金利目当てでDeFiを使う方が多いのではないでしょうか。

銀行に日本円を預けて利息を得られるように、DeFiでは暗号資産(仮想通貨)を預けて利息を得ることができます。

銀行からもらえる利息はスズメの涙ですが、DeFiでは数%~数十%の利息が得られます。大きいですよね。

資産を預けて利益を生む点は同じですが、発生する仕組みは異なるので、更に詳しく知りたい方はこちらの記事をどうぞ。

イーサリアムを運用できるDeFiを紹介

ここでは、イーサリアムを運用できるDeFiを紹介します。

今回紹介するDeFiは全部で5つ。メインどころは網羅できていると思います。

イーサリアムを運用できるDeFi

①Compound(コンパウンド)
②Curve(カーブ)
③Lido(リド)
④Uniswap(ユニスワップ)
⑤Sushiswap(スシスワップ)

それぞれのDeFiに特徴がありますので、順に説明していきます。

※以下では参考に年利を記載していますが、全て22/1/8時点の数値で、タイミングや選ぶプールで変動するのであくまで目安としてください。

イーサリアムを運用できるDeFi①Compound(コンパウンド)

https://compound.finance/

1つ目に紹介するDeFiは「Compound(コンパウンド)」です。

Compoundでは、暗号資産を預け入れることで利息を得ることができ、また預けた暗号資産を担保に借り入れをすることができます。

この借り入れをできる点が、Compoundの特徴ですね。預け入れで金利を得つつ、借り入れた資産を運用することで、利益の拡大を狙えます。

借入時、担保としている通貨の価値が下がったりすると、清算されてしまうので注意が必要です。

また利息には、預けた通貨に加えて、Compondが発行しているトークン「COMP」も貰うことができます。

Compoundで、イーサリアムを預け入れることによって得られる利息は22/1/14時点でAPY0.08%です。

他のDeFiに比べるとかなり低めですね。ただ、後述するUniswap等のプールに比べるとリスクは小さいと思います。

イーサリアムを運用できるDeFi②Curve(カーブ)

https://curve.fi/

2つ目に紹介するイーサリアムを運用できるDeFiは「Curve(カーブ)」です。これも有名ですね。(サイトはちょっと見にくいですが。)

Curveではスワップ(通貨の交換)とイールドファーミングを行うことができます。

イールドファーミングとは

通貨を預けて流動性を提供することで、報酬を得る仕組み。
提供された流動性は、スワップに用いられ、その際発生する手数料の一部が流動性提供者の利益となる。

これらを行うことができるDeFiは他にもありますが、Curveの特徴は、ステーブルコインに特化している点です。

ステーブルコインとは

価格が安定するように設計された通貨。法定通貨を担保にして発行されたものや、他のチェーンで利用するために発行されたものもある。
例:米ドルを担保にして発行されたUSDT、BTCを担保にしたWBTC(イーサチェーンで使える)

ステーブルコインに特化している為、価格の変動が小さいので、イールドファーミングを利用する上でのリスクも小さいと言えます。(価格変動により損失を生む可能性が小さい)

22/1/14時点では、ETH+stETHのペアで運用した場合の利息はAPY2.71%です。

こちらもそこまで高くはありませんが、比較的価格の安定したペアで運用したい方に向いていますね。

イーサリアムを運用できるDeFi③Lido(リド)

https://stake.lido.fi/

3つ目に紹介するDeFiは「Lido(リド)」です。

Lidoではイーサリアムをステーキングすることができます。

もともと、イーサリアムのステーキングサービスがあるのですが、そこでは32ETH(1200万円くらい)必要である為、少額で投資したい方には向いていません。

そこで、Lidoでは複数のユーザーから少額のイーサリアムを集め、まとめてステーキングをしてくれます。(ステーキング報酬の10%が手数料として取られる。)

22/1/14時点では、Lidoでイーサリアムをステーキングした場合の利息はAPY4.7%です。

イーサリアムを運用できるDeFi④Uniswap(ユニスワップ)

https://uniswap.org/

4つ目に紹介するDeFiは「Uniswap(ユニスワップ)」です。

Uniswapで出来ることは、スワップ(通貨の交換)、イールドファーミング(プール)、投票です。

2つ目に紹介したCurveと機能は似ていますが、Uniswapの場合はステーブルコインに特化しているわけではありません。

様々な通貨ペアを取り扱っており、その分、価格変動のリスクは大きく、APYも高いです。

22/1/14時点では、USDT/ETHペアで運用した場合のAPYは39.01%です。

仮に50万円分預けたら1年で+19.5万円になる計算ですね。(実際は日々受け取った利息を足すので複利でもっと多い)

イーサリアムを運用できるDeFi⑤Sushiswap(スシスワップ)

https://sushi.com/

最後に紹介するのは「Sushiswap(スシスワップ)」。名前は胡散臭いですがこれも利用者の多いDeFiです。

Sushiswapでは、スワップやイールドファーミング、ステーキング、投票を行うことができます。できることは先ほど紹介したUniswapとけっこう似ていますね。

現在は、FTXという海外の大手取引所が開発の主導権をもっており、信頼感を生む要因の1つとなっています。

22/1/14時点では、USDT/WETHペアで運用した場合のAPYは39.51%です。

こちらもタイミングや選ぶペア等でAPYは変動するので、あくまで参考としてください。

DeFiの始め方 イーサリアムを運用したい方向け

defi

こちらでは、イーサリアムをDeFiで運用したい方向けに、始め方を5STEPでまとめました

イーサリアムを運用したい方向け DeFiの始め方5STEP

①国内取引所の口座を作成
②国内取引所にてETH(イーサリアム)を購入
③仮想通貨ウォレット(MetaMask)を作成 ※②③は順不同
④仮想通貨ウォレット(MetaMask)にETH(イーサリアム)を送金
⑤仮想通貨ウォレット(MetaMask)をDeFiに接続

さっそく上記それぞれに分けて解説していきます。

STEP①国内取引所の口座を作成

まずは、国内取引所の口座を作成します。

国内取引所はどこでもいいので、好きなところを選んで作りましょう。

僕の場合は、Coincheck(コインチェック)という取引所を使っていますが、正直なんでもOKです。

▶▶Coincheck(コインチェック)についてはこちらの記事で紹介しています。

 口座開設はこちら(無料)
CoinCheck

STEP②国内取引所にてETH(イーサリアム)を購入

続いて、国内取引所にてETH(イーサリアム)を購入しましょう。

また、国内取引所から出金する際にはガス代(手数料)がかかりますので、なるべくまとめて購入し、出金することをおすすめします。

STEP③仮想通貨ウォレット(MetaMask)を作成


参照:https://pprct.net/metamask_howtouse_01/

続いて、仮想通貨ウォレットである「MetaMask」を作成していきます。

仮想通貨ウォレットはいくつかありますが、最も有名で「GoogleChromeの拡張機能」もついているのでおすすめです。

MetaMask(メタマスク)の公式サイトに飛び、ダウンロードを行います。
メタマスク公式サイト

ダウンロード時の注意点

使用するブラウザはGoogleChrome,Firefox,Brave,Edgeのいずれかにしましょう。
スマホの場合は、iOS,Androidのどちらも対応可能。

上記リンクへ飛ぶと下記画面になりますので、「Download now」をクリック。

下記画面になるので、「Install MetaMask for Chrome」をクリック。

次の画面で「Chromeに追加」をクリックし拡張機能を追加します。

以上でMetaMask(メタマスク)のインストールは完了です。

続いて、インストールしたMetaMask(メタマスク)の指示に従って、ウォレットを作成していきます。
インストールが完了すると、下記画面になるので「開始」をクリック。

こちらの画面になるので右側にある「ウォレットの作成」をクリック。

MetaMaskの品質向上へのご協力のお願いというのが出るので、内容を確認し「同意します」をクリック。

すると、パスワード入力画面になるので、設定したいパスワードを入力します。
使用条件を読みチェックをいれ、「作成」をクリック。

すると、ウォレットの保護という画面に動画がでてきます。
この動画は、次にでてくるリカバリーフレーズとウォレットを安全に保つ方法についての解説動画です。

「次へ」をクリック。

下記画面の南京錠が描かれている所をクリックし、シークレットリカバリーフレーズをメモします。

このフレーズは非常に重要なので、絶対に無くさないように保管してください。

下記画面になればウォレットの作成は完了です。

STEP④仮想通貨ウォレット(MetaMask)にETH(イーサリアム)を送金

続いて、仮想通貨ウォレット(MetaMask)に先ほど購入したETH(イーサリアム)を送金していきます。

まずは送金先であるMetaMask(メタマスク)のアドレスを確認しましょう。

ブラウザを開いて画面右上の拡張機能より、MetaMask(メタマスク)を開きます。

すると下記画面が表示されます。

Account1の下に記載されているアドレスをコピーしてください。アドレス横の□をクリックすればコピーできます。

あとは、先ほどコピーしたアドレス宛でコインチェック等から送金すればOKです。

試しにコインチェックを例として見てみましょう。

コインチェックを開いて、左側メニューにある「暗号資産の送金」を開きます。

開くと、送金する通貨を選択できるようになりますので、「Ethereumを送る」を選択し、「送金先リストの編集」をクリックします。

送金先リストの編集をクリックすると、新規ラベルと新規宛先の入力欄が現れます。

新規ラベル→任意の名前
新規宛先→さきほどコピーしておいたMetaMask(メタマスク)のアドレス

をそれぞれ入力し、「追加」をクリックしましょう。

すると、宛先のプルダウンに先ほど入力したアドレスが追加されます。あとは送金したい金額を入力し「送金する」をクリックすると完了です。

ETHの送金には0.005ETHの手数料がかかります。
なるべくまとめて送りましょう。

STEP⑤仮想通貨ウォレット(MetaMask)をDeFiに接続

最後にMetaMask(メタマスク)を記事前半で紹介したDeFiに接続すれば、完了です。

試しに、「Lido(リド)」で見ていきましょう。(APY4.7%だったやつですね。)

公式サイト(上記リンク)を開くと、右上に「Connect wallet」とあるのでそこをクリック。

すると接続するウォレットの種類を選べますので、MetaMask(メタマスク)を選択。

するとMetaMask(メタマスク)が開きますので、「次へ」を押して「接続」をクリックすれば完了です。

ついでにステーキング方法も紹介しておきます。

ページ中央に下記画面が表示されていると思いますので、ステーキングしたい量を中央部に入力します。(画面では0.01ETH)

数量を入力したら、「Submit」をクリック。

すると、MetaMask(メタマスク)が開きますので、ガス代を確認して「確認」をクリックすれば完了です。簡単ですね。

預け入れる時にはガス代がかかります。1/14時点では3千円ほどでした。なるべくまとめて処理したほうがいいですね。
また、ステーキングを止めたくなったら、受け取ったstETHを記事前半で紹介した「Curve」でETHとスワップすると良いですよ。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました