【おすすめ】仮想通貨を始めるなら「GMOコイン」を使うべき理由

仮想通貨
はてなネコ
はてなネコ

暗号資産(仮想通貨)取引所のGMOコインを使ってみたいけど安心して使えるのかな。GMOコインの特徴とかメリット・デメリット、登録方法などを教えてほしい。

GMOコインは、GMOインターネットグループが運営している仮想通貨取引所です。

取り扱い銘柄数が多く、取引ツールが充実していてセキュリティ対策も施されているため、初心者から上級者まで多くの方におすすめの取引所です。

今回は実際にGMOコインを使っている僕が、GMOコインの概要やメリット・デメリット、口座開設方法などを解説していきます。

この記事を読むとGMOコインについて理解が深まるので、安心してGMOコインを使うことができるはずです。

GMOコインの無料登録はこちらから▼

GMOコインの概要

GMOcoin

運営会社 GMOコイン株式会社
設立日 2016年10月
取り扱い通貨 14種類
最大レバレッジ 2倍
スマホアプリ あり
取引手数料 無料

GMOコインは、東証一部上場企業である「GMOインターネットグループ」が運営する仮想通貨取引所です。

GMOインターネットグループは「GMOクリック証券」などのネット証券会社も運営しており、安定した経営を行っています。

GMOコインの特徴としては、暗号資産の現物売買とレバレッジ取引の両方が可能である点や、ほとんどの手数料が無料という点が挙げられます。

2017年には金融庁から「暗号資産交換業者」の認可を取得しており、より安心して利用できるようになりました。

 

最近だと、アンジェラ芽衣ちゃんやスギちゃんがCMに出演してますよね!

GMOコインを使うメリット

GMOコインのメリットは以下の3つ。

  1. 運営元が一部上場企業
  2. 手数料各種無料でスプレッドも狭い
  3. 海外取引所への送金が無料

順番に説明します。

①運営元が一部上場企業

GMOコインの親会社は東証一部上場企業の「GMOインターネットグループ」であり、国内トップクラスのセキュリティ対策を実施しています。

また、証券やFX・インターネット回線事業も展開しており、金融およびネット関係のノウハウを有しているため信頼感が高いです。

主要事業のひとつである「GMOクリック証券」は、「FX取引高7年連続世界No.1」を記録するなど数多くのトレーダーに支持されています。

GMOコインの無料登録はこちらから▼

②手数料各種無料でスプレッドも狭い

GMOコインでは取引所を使う際のほとんどの手数料が無料であり、余計なコストを払わずに済みます。

GMOコイン手数料

また、売買の価格差であるスプレッドに関しても、取引所形式なのでごくわずかに抑えることができるため、頻繁に売買を繰り返しても手数料負けすることがありません。

かける
かける

各種手数料やスプレッドを必要最小限に抑えて、トレードに集中したい方にとってはGMOコインは最適な取引所と言えます。

③海外取引所への送金が無料

GMOコインは「暗号資産送付手数料(送金手数料)」も無料です。

「送金手数料ってどこも大差ないんじゃないの?」と思う方もいると思いますが、実は取引所によってかなり違うので注意が必要です。

例えば、海外取引所を利用する場合は日本円を直接入金できないため、国内取引所からビットコインなどの暗号資産を海外取引所へ送金する必要があります。

その時の「送金手数料」が無料だと、海外送金にかかるコストを大きく抑えることができます。

海外取引所は最初は使い方に戸惑うかもしれませんが、国内取引所とは比較にならないほどの数多くの通貨を取り扱っており、将来有望な様々な仮想通貨を売買することができます。

今後海外取引所を使ってみたいという方は、送金手数料が無料のGMOコインの口座を持っておくことで、送金コストをなるべく小さく抑えることができます。

GMOコインのデメリット

つづいて、GMOコインのデメリット見ていきましょう。デメリットは以下の3つ。

  1. 販売所のスプレッドが大きい
  2. FXの最大保有建玉・注文数量に制限がある
  3. 取引規制がある

順番に説明します。

①販売所のスプレッドが大きい

GMOコインで取引をする場合は「販売所」「取引所」の両方から選択することができます。

販売所の方が簡単に暗号資産を購入することができますが、その分スプレッドが広いという難点があります。

そのため、短期売買で販売所を利用すると、スプレッド分で手数料を多く払うことになってしまいます。

できるだけスプレッドを抑えて取引したい方は、「取引所」を利用してください。

②FXの最大保有建玉・注文数量に制限がある

GMOコインのビットコインFXは以下のように制限があります。

  • 保有建玉上限:250BTC
  • 最大注文数量:5BTC/回
  • 注文間隔制限:10秒間

このため、多くの資金を使った頻繁なトレードには向いていません。これから本格的にビットコインFXでの運用を考えている方にとっては物足りないと言えます。

また、現物売買でも以下のとおり最大注文数量に制限があります。

  • ビットコイン:25BTC/回
  • イーサリアム:300ETH/回
  • ビットコインキャッシュ:300BCH/回
  • ライトコイン:500LTC/回

このように、GMOコインは多額でのトレードには向いていませんが、各種手数料が無料なのでこれから暗号資産を始める初心者の方にはオススメです。

③取引規制がある

GMOコインは取引規制を発動する場合があります。取引規制とは相場の急変時などに一時的に取引を停止する措置のことです。

具体的には、2017年12月~2018年1月にリップル(XRP)が急騰した際に、買い規制が発動されました。

このように、買い規制が発動されると買い注文ができず、ポジションを持つことができないため機会損失につながります。

また、逆に売り規制が発動された場合は損失が膨らむ可能性があります。

なので、価格高騰などで注文が殺到すると思われる時はGMOコインでは取引を控えるのが無難です。

GMOコインの評判・口コミ

ここからはGMOコインの評判を見ていきましょう。

こんな感じでサービスが良くて使いやすいという声が多く、日本人でも問題なく利用できることがわかります。

GMOコインの口座開設のやり方

GMOコイン0

ここからはGMOコインでの口座開設の手順を説明します

手順自体はとても簡単なので5分くらいでサクッと開設できます。

それでは、説明していきます。

step1GMOコインにアクセスする

まずはGMOコインへアクセスします。

GMOコインの無料登録はこちらから▼

step2メールアドレスを登録する

「口座開設はこちら」のボタンをクリックします。

GMOコイン1

口座開設のページに移動したらメールアドレスを入力します。

GMOコイン2

「私はロボットではありません」にチェックを入れて、「無料口座開設」のボタンをクリックします。

登録したメールアドレスに「パスワード設定」のメールが届きます。

step3パスワードを登録する

届いたメールに記載されているURLをクリックすると、以下の画面に移動します。

GMOコイン3

パスワードを入力して「設定する」をクリックするとパスワード設定完了です。

step4電話番号を登録する

次に電話番号を登録します。

電話番号を入力し、「コードを送信」をクリック。

GMOコイン4

携帯電話番号の場合はSMSでコードが送信されます。

これで、電話番号登録と二段階認証コードの登録が完了です。

step5本人確認書類の提出

ログインすると、下記の画面になるので「口座開設」をクリックします。

GMOコイン6

続いて個人情報の登録を行います。

この後で提出する本人確認書類と内容に相違が無いか確認を求められるので、入力した内容に誤りが無いか確認してください。

正しく入力できていれば、「確認画面へ」をクリック。

すると、本人確認方法の画面に移動します。

GMOコイン7

本人確認書類として使用できるのは以下のとおり。

  • 運転免許証
  • 個人番号カード(マイナンバーカード)
  • パスポート(日本国が発行する旅券)
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書
  • 住民票の写し
  • 各種健康保険証

本人確認の方法は以下の2通りです。

  • パスポートや運転免許証などの画像をアップロードする
  • GMOコインから届いた郵便を受け取る際に本人確認を行う

画像をアップロードする方法が簡単なのでオススメです。

step6口座開設コードを入力

何日かしたら、「口座開設のお知らせ」が届くので、記載されている口座開設コードをログイン後に入力します。

GMOコイン8

「口座開設」をクリックしたら、口座開設が完了です。お疲れさまでした!

GMOコインの概要・評判まとめ

GMOコインは各種手数料や送金手数料が無料なので、取引コストを抑えたいユーザーにとって最適な取引所です。

現物取引だけではなくFX取引も可能なので、少ない資金で効率的に取引をすることも可能です。

口座開設もスマホだけでサクッと簡単にできるので、これから仮想通貨取引を始めたいという方にはオススメです。

GMOコインの無料登録はこちらから▼

コメント

タイトルとURLをコピーしました