【仮想通貨の基本】メタバースとは?将来性やゲームにおける事例や取り組みを紹介。

仮想通貨
はてなネコ
はてなネコ

メタバースって最近ニュースでも取り上げられているけど、何なのかよくわからない教えて欲しい

メタバースとは、ネットワーク上に構築された仮想空間の全般を表す用語です。

10月28日にはFacebookがメタバースを想起させる「Meta」という社名に変更するなど、注目度は高まる一方。

でも正直なところ、「メタバースについて全然わからない…」と悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

そこで今回はメタバースに関する基本情報から、投資する際におすすめの関連銘柄までわかりやすく紹介します。

メタバース関連銘柄に投資するなら、日本でも一早くメタバースのサービスを展開しはじめたCoincheck(コインチェック)がオススメです。

▶▶Coincheck(コインチェック)についてはこちらの記事で紹介しています。

 口座開設はこちら(無料)
CoinCheck

メタバースとは


参照:https://berise.co.jp/topics/metaverse/

メタバースとは、インターネット上に作られた3Dの仮想空間で、「メタ(超)」と「ユニバース(宇宙)」を合わせた造語です。

SF作家のニール・スティーヴンスン氏が1992年に発表した小説『スノウ・クラッシュ(Snow Crash)』が起源と言われています。

特にメタバースで注目なのは、仮想空間でもコミュニケーションや経済活動が現実世界と同じように行えるようになること。

これまでゲームやSFでしか体験できなかった世界が、メタバースの発展よってより身近な存在になり得るのです。

映画「サマーウォーズ」に登場した、OZと呼ばれる仮想世界が現実に現れるようなのをイメージしていただければOKです。

メタバースとこれまでのバーチャル空間との違い

これまで家庭用ゲーム機などでバーチャル空間を活用したものは存在しましたが、メタバースはいくつか違いがあります。

メタバースに該当する条件としては、以下の通り。

  • 3次元のシミュレーション空間(環境)を持つ
  • 自己投射性のためのオブジェクト(アバター)が存在する
  • 複数アバターが、同一の三次元空間を共有することができる
  • 空間内に、オブジェクト(アイテム)を創造することができる

なんだか難しいなぁ…

と感じるかもしれませんが、特に重要なのはいつでも誰でも同じバーチャル世界を共有して動かせることです。

そのため一般的なゲームソフトのように、自分だけのストーリーを進めていく仕様であればメタバースには該当しません。

メタバースに該当するサービス例

先述したようにメタバースとは、「メタ(超)」と「ユニバース(宇宙)」を合わせた造語で、インターネット上に作られた3Dの仮想空間を指します。

例えば、大人気のオンラインゲームのフォートナイト(FORTNITE)がメタバースです。

フォートナイト』の島がマーベル世界一色に!? 新シーズン「ネクサス・ウォー」の最新情報をお届けします! – PlayStation.Blog 日本語
フォートナイト

フォートナイトは、インターネット上の3D空間で、最後のひとりになるまで戦うゲームでとても面白いです。

このようにインターネット上の3D空間で提供されるサービスをメタバースと呼びます。

実はこのメタバースは、NFTと呼ばれるコピー不可能なデジタルコンテンツとの親和性が高く、NFTの売買でお金を稼ぐことができるのです。

▶▶NFTについてはこちらの記事で紹介しています。

Facebookもメタバースに注力

Facebookが2021年10月28日、社名を「メタ(Meta)」に改名したことはメタバース界隈でも大きな話題となりました。

これまでの名称であったFacebookは事業の一部に過ぎず、会社の提供するサービス全体を表すのにふさわしくなかったことが改名の理由です。

新たな「メタ」という社名からはSNSのみならず、VR技術などを活用したメタバース領域に注力する姿勢が読み取れます。

 

 口座開設はこちら(無料)
CoinCheck

メタバースの将来性が高い理由 とは?

メタバースが注目を集めている理由としては、以下の3点が考えられます。

  • ブロックチェーン技術が使われている
  • VR技術の進歩
  • NFTバブルの影響

それぞれ詳しく見ていきましょう。

①ブロックチェーン技術が使われている

メタバースを支える技術の一つにブロックチェーンがあります。

従来、データを管理する方法は中央集権管理しかありませんでした。

中央集権管理の欠点としては、管理者の不正が容易であるということです。

一方で、ブロックチェーンは以下の図のようにそれぞれのPCで分散して管理するということが特徴のため、誰か一人の力でのデータの改ざんが難しいということです。

  • ブロックチェーンは分散して管理するため、データの改ざんが難しい

データの改ざんが厳しいという特徴をいかして生まれたのがNFTという技術です。

ブロックチェーンでデジタルコンテンツのユニークをみんなで分散して担保することが可能なのです。そのため、コピーが不可能なデジタルコンテンツが作れるようになりました。

▶▶ブロックチェーン技術についてはこちらの記事で紹介しています。

②VR技術の進歩

メタバースが注目されている理由として、VR技術の進展も大きく関わっています。

要因として考えられるのが以下の2つ。

  • VRデバイスの軽量化
  • VRコンテンツ開発技術の進展

VRゴーグルの軽量化やワイヤレス化が進んだことで、より自然なコミュニケーションを手軽に行えるようになりました。

さらにUnityなど開発者ツールの整備が進み、VRコンテンツの供給が増えたことも仮想空間サービスの注目要因と言えます。

③NFTバブルの影響

メタバースへの関心が高まっている理由として、NFTバブルの影響は外せません。

NFTとは
デジタル上における資産の所有証明書のようなもの

メタバースとNFTを組み合わせることで、最近ではNFTアートと呼ばれる高額なデジタルアートなども安全な取引が可能に。

今後はメタバースという仮想空間を通じて、らに大規模な経済活動が行われていくと期待されています。

▶▶NFTについてはこちらの記事で紹介しています。

コインチェックのメタバースサービスを開始

Coincheck(コインチェック)とは、国内最大手クラスの暗号資産取引所です。

コインチェックの特徴
  • 取扱コインは国内最多の17種類
  • 最短1日で取引開始できる
  • 取引所の手数料が無料
  • 国内仮想通貨取引アプリダウンロード数No.1

国内では最も暗号資産の取り扱い銘柄多く、ユーザがかなり多いです。

 

 口座開設はこちら(無料)
CoinCheck

 

そのコインチェックが先日メタバースで利用可能な『Meebits』を販売して話題になりました。

Meebitsってこんなんです。

コインチェックのMeebitsに関するプレスリリースは、以下です。

【国内初】Coincheck NFT(β版)、最古NFTアート『CryptoPunks』の新プロジェクト『Meebits』を11月9日より取扱い開始
コインチェック株式会社のプレスリリース(2021年11月2日 12時04分) 国内初 Coincheck NFT(β版)、最古NFTアート『CryptoPunks』の新プロジェクト『Meebits』を11月9日より取扱い開始

メタバースと暗号資産の関係って?

メタバース関連で発展した分野の一つにゲーム分野があります。

メタバース関連のゲームとして有名なのが「The Sand Box」です。

このゲームは、暗号資産で最も有名なイーサリアムのブロックチェーンで提供されているゲームになります。

The Sand Boxは、マインクラフトのように自分の土地をカスタマイズして楽しむゲームです。

先日このThe Sand Boxの土地にあたるLANDが Coincheck(コインチェック)から販売されました。

まとめ:メタバースがもたらす今後の世界

今注目のメタバースに関する基礎情報を中心に、注目されている理由や関連銘柄を含め解説してきました。

最後に、本記事でもっとも重要なポイントを3つまとめます。

  • メタバースとはインターネット上に作られた3Dの仮想空間
  • 仮想空間上で現実世界と同等の活動が可能になる
  • IT・ソフトウェア業界を中心にメタバースへの参入が進む

メタバースの技術により、現実に存在するものが仮想空間上に代替されていく時代もそう遠くはないかもしれません。

メタバースはまだまだ新しい技術であり、将来性という面では非常に高い期待が持てます。もしメタバースに興味を持てたのなら、まずは試してみてはいかがでしょうか?

僕のオススメは、特にこの分野で日本の企業でいち早くサービス展開Coincheck(コインチェック)がおすすめです。

▶▶Coincheck(コインチェック)についてはこちらの記事で紹介しています。

 

 口座開設はこちら(無料)
CoinCheck

コメント

タイトルとURLをコピーしました