【仮想通貨解説】モナコイン(MONA)の特徴について解説

仮想通貨
はてなネコ
はてなネコ

仮想通貨のモナコイン(MONA)について詳しく知りたい。モナコインの特徴やどこで買えるのかを教えてほしい。

総資産推移

モナコイン(MONA)2ちゃんねる(現:5ちゃんねる)発祥の仮想通貨です。

仮想通貨としての機能を持つ一方で、コミュニティ内での「投げ銭」として利用できるのが大きな特徴。

過去には、Twitterでモナコインを気軽に送金できる仕組みを構築するなど、コミュニティを大事にした運用を行っています。

今回はモナコイン(MONA)の概要や・特徴、将来展望などについて解説します。

なお、モナコインは2021年12月現在153円ほどであり、ビットコインと比べるとかなり買いやすい価格です。

モナコイン(MONA)は日本の取引所で買えるところは非常に少なく、ビットバンク(Bitbank)が主な購入先となっております。興味がある方は買いやすい今のうちに早めに買っておきましょう。

▼モナコイン(MONA)の購入はこちらから!▼

モナコイン(MONA)の概要

モナコイン(MONA)は、日本で初めて作られた仮想通貨です。

2ちゃんねる(現在は5ちゃんねる)内の掲示板でアイデアが発表され、2014年から発行を開始しました。2ちゃんねるでよく使われていたアスキーアートのキャラクター「モナー」にちなんで、当初は「モナーコイン」と呼ばれていました。

 

一度は見たことある方も多いのではないでしょうか?
▼こんな顔のキャラクターです

現在ではモナコイン(MONA)という名称で定着しています。モナーのイメージが強いので冗談で作った仮想通貨と思われる方が多いかもしれません。

ですが、モナコイン(MONA)はいくつかの実用性に優れた機能を持っています。

モナコイン(MONA)は日本の取引所で買えるところは非常に少なく、ビットバンク(Bitbank)が主な購入先となっております。今後認知度があがることによりさらなる価格上昇が見込まれます。

▼モナコイン(MONA)の購入はこちらから!▼

モナコイン(MONA)の特徴

モナコインの特徴は以下のとおり。

  1. 世界初のsegwit採用
  2. 多様な用途で使われる
  3. コミュニティの存在

順番に説明します。

世界初のsegwit採用

モナコイン(MONA)は、それまで理論上のみで知られていたSegwit(セグウィット)という技術を世界で初めて実しました。

✔segwitとは
「Segregated Witness(Witness=隔離された署名領域)」の略語です。

Segwitはトランザクション情報を小さく圧縮することで、スケーラビリティ問題を解決する技術です。2017年8月にはビットコインにも実装されています。

モナコイン(MONA)は世界で最も早くSegwitを導入することで、取引処理時間を短縮されることが期待されており、実際に様々なシーンでモナコインが使われています。

多様な用途で使われる

モナコイン(MONA)は、多様なシーンで実際に決済通貨として使用されています。

処理速度が速いので、海外送金やネット決済に導入されたり、一般の店舗でも利用可能になるなど使える機会が増えています。

また、「投げ銭」として使えることがモナコイン(MONA)の大きな特徴です。気に入ったクリエイターや配信者を応援するための送金のほか、SNSのアカウントにモナコイン(MONA)を送金することも可能であり、「0.004649(ヨロシク)MONA」など、ユニークな語呂合わせの金額で応援することが一般的になっています。

コミュニティの存在

2ちゃんねる発祥のモナコイン(MONA)は開発当初から活発なコミュニティが存在しており、「モナコインをもっと知ってもらおう」と考える人が多かったようです。

そうした熱心なコミュニティに後押しされる形で様々なサービスが誕生し、リアル店舗へ導入につながり、モナコイン(MONA)の普及につながりました。

ファンによってモナコインを擬人化した女性キャラクターが作成されたり、各種イベントが開催されるなど、ファンたちが好きな形でコミュニティを盛り上げようとする姿勢が見られます。


モナコイン擬人化キャラクター  参照:https://skima.jp/gallery?id=13016

こうした活発なコミュニティの存在も、モナコイン(MONA)の大きな特徴のひとつです。

モナコイン(MONA)の今後の展望

モナコイン(MONA)の今後は以下の点から有望視されています。

  • モナコインに関する情報公開
  • モナコイン決済の普及
  • コミュニティによる後押し

モナコインに関する情報公開

現在のところ、モナコイン(MONA)に関する情報はかなり乏しく、web上にも最新情報が載っているわけではありません。

モナコイン(MONA)はコミュニティ内での情報交換が活発な反面、オープンにしている情報が少ないため、情報入手できないが故にモナコイン(MONA)まだ保有していない層が相当数いると言われています。

今後、モナコイン(MONA)の情報を幅広くオープンにすることで、認知度が向上しさらなる価格上昇につながるはずです。

モナコイン決済の普及

モナコイン(MONA)今後決済に使える店舗が増えることが予想されます。

実際に、飲食店や美容院などでモナコイン(MONA)決済に対応した店舗が増えています。

モナコイン(MONA)決済対応の店舗が増えることで、モナコインの需要も増えていくと予想されます。

また、ビットコインモールのようにオンラインショッピング時の決済も、モナコインで行えるショップも登場しています。

さらに、取引所のzaifがモナコイン(MONA)とビットコインでオンライン決済を行える「ZaifPayment」を始め、モナコインの普及を後押ししています。

zaifpayment
参照:zaifpayment

このように、モナコイン(MONA)決済に対応するサービスが増えることで、モナコイン(MONA)の利用者も増加し、さらに導入する店舗が増えていくと考えられます。

コミュニティによる後押し

モナコイン(MONA)は2ちゃんねる発祥ということもあり、ユーザー中心のコミュニティによる後押しが期待できます。

例えばMonappyでは、お気に入りのイラストや画像に対してモナコインを投げ銭することができます。

monappy

このように、コミュニティにおいてモナコインのやりとりが活発化することで、webサービスやコミケなどで使える機会が増えました。

今後もコミュニティの後押しによって、モナコイン(MONA)のさらなる普及が期待できます。

モナコイン(MONA)の購入方法

モナコイン(MONA)は以下の2社であればどこで買っても大丈夫です。

手数料が若干違ったりしますが、高額(100万円以上)の取引をしないのであれば大差ありません。

ちなみに僕はビットバンク(Bitbank)を使っていますが、アプリや取引画面が見やすいのと、積立もできるので重宝しています。

モナコイン(MONA)が気になる方はまずは無料で口座を開設しましょう。スマホから5分くらいでサクッと開設できます。

▼モナコイン(MONA)の購入はこちらから!▼

ビットバンク(Bitbank)の安全性等が心配な方は、こちらの記事にてビットバンクの紹介をしていますのでご覧下さい。

まとめ:モナコインは今後も価格上昇が期待できる

モナコイン(MONA)は日本ではまだまだ認知度が低いですが、これから価格が上昇する可能性を秘めています。

モナコイン(MONA)2021年12月時点では1枚152円くらいと手ごろな価格なので、ためしに1,000円分くらいの少額で始めてみると安心です。

これから仮想通貨を始めようかと悩んでいる方にとっては、買いやすいオススメの通貨になります。

いずれにせよ、仮想通貨を始めようかどうしようか悩んでいる間にチャンスを逃すというのはよくあること。

「やっておけばよかった」と悔やみ続ける人生を選ぶか?

それとも、

「やっておいてよかった」と安堵する人生を選ぶか?

この記事を読んだアナタが選ぶ道はもう決まっているはず。軽い気持ちで買ったモナコイン(MONA)が将来大化けするかもしれませんよ。

▼モナコイン(MONA)の購入はこちらから!▼

コメント

タイトルとURLをコピーしました