最近話題の『ポイ活』とは?隙間時間にはポイント生活がおすすめ!

ポイ活
はてなネコ
「ポイ活」って最近よく聞くけど、そもそもどういうもの?

そんな疑問を抱いていませんか?

ポイ活とは、一言でいうと「ポイントをうまく貯めて使う活動」のことです。

有名どころだと楽天ポイント・Pontaポイント・dポイントなどがありますね。

「ちまちまポイントを貯めるなんてめんどくさい!貧乏くさい!」

と思うかもしれません。

でも、ちょっと待ってください。
ポイ活と聞いて、アンケートとか広告クリックでチマチマ1円ずつ稼ぐようなのを想像していませんか?

そんなあなたは、ひょっとすると年間10万円くらい損しているかもしれません。

たしかに、非効率なポイ活もたくさんあります。
しかし正しいやり方をすれば、あなたの時給より何倍も効率よく稼げるのです。

この記事では、ポイ活の概要から、ポイ活の具体的やり方やデメリット・注意点までをまとめて解説します。

この記事を読めば、ポイ活についてざっくり理解でき、今日からでも実践できるポイ活術が身につきます。

ポイ活はテレビでもたびたび取り上げられており、徐々に市民権を得てきています。

ただ、動画でやってるような広告ポチポチは別にやらなくてもいいです・・・

お買い物マラソンについても、楽天は割高な商品が多いので、よほどしっかりリサーチしないと損するので注意。

「ポイ活」とは何か

ポイ活とは、一言でいうと「ポイントをうまく貯めて使うこと」

クレジットカードで買い物すればポイントが貯まります。
近所のお店のポイントカードを持っている人もいるでしょう。

ほとんどの人は、普段から何かしらの「ポイ活」をしています。

ポイ活で貯まる代表的なポイント

ポイ活で貯まる代表的なポイントは以下のとおり。

  • 楽天ポイント
  • Tポイント
  • dポイント
  • Pontaポイント
  • WAONポイント
  • nanacoポイント

どこかで聞いたことのあるポイントばかりですよね。

ポイ活を通じてこれらのポイントを貯めることで、日常のショッピングで支払いに使ったり、他社ポイントに交換したりすることができます。

ポイントを貯める3つの方法

ポイ活は、大きく3つに分けることができます。

ポイ活の種類

  1. 日常の支払いで貯める
  2. ポイントサイトで貯める
  3. 特定の企業(お店)のサービスを利用する

以下で順番に解説します。

日常の支払いで貯める

買い物や光熱費など、普段の支払いにクレジットカードやスマホ決済を使うことで、ポイントを貯めることができます。

※スマホ決済とは、「PayPay」や「LINE Pay」といった「○○ペイ」みたいなスマホアプリで行う支払い方法のことです。

これは実践している人が多いのではないでしょうか。

以下、稼げるポイントの種類や金額の例です。

支払い方法 還元率 もらえるポイント
楽天カード 1% 楽天ポイント
dカード 1% dポイント
リクルートカード 1.2% Pontaポイント
PayPay 最大1.5% PayPayボーナス
LINE Pay 最大3% LINEポイント

カードやスマホ決済の種類によって、もらえるポイントの種類や金額が変わります。
だいたい100円につき1ポイントくらいが相場ですね。

 

ポイントサイトで貯める

ある程度まとまった金額を稼ぐには、「ポイントサイト」がおすすめ。

もしあなたがSNSやブログで集客できるなら、友達紹介制度を使って月数100万円という異次元の稼ぎをたたき出すことも可能です。

稼げる金額の例

  • 初心者:月5000~1万円
  • Webで集客できる人:月10万~数100万円

 

ポイントサイトとは何か

ポイントサイトとは、スマホさえあれば誰でもできるお小遣い稼ぎサイトのことです。

登録・利用・退会などすべて無料で、元手なしで今日からでも始められます。

これだけ聞くと怪しいサイトっぽいですが(笑)
仕組みをカンタンに説明します。

ポイントサイトは、広告の掲示板だと思ってください。

たとえば、業界最大手の「モッピー」というポイントサイトを見てみましょう。
トップページには、こんな感じでいろんな商品やサービスの広告が並んでいます。

これらの広告ページを経由してサービスを申し込むことで、ポイントがもらえるという仕組みです。

もらったポイントは、銀行振込で現金化したり、楽天ポイントなどの他社ポイントに変換したりすることで使います。

なんでタダでポイントがもらえるの?

僕らがもらうポイントは何ら怪しいお金ではなく、ポイントサイトが得た広告収入の一部です。

以下の図は「ハピタス」からの引用ですが、どのポイントサイトでも仕組みは同じです。

出典:ハピタス
  1. 僕らユーザーが、ポイントサイトの広告経由で商品を購入
  2. 広告主(企業)は、お客を呼んでくれたポイントサイトに報酬を支払う
  3. ポイントサイトは、広告主から得た報酬の一部をポイントとしてユーザーに還元する

つまり僕らユーザーは、ポイントサイトが得た広告収入を、ポイントという形で分けてもらっているのです。

なんでポイントくれるのかって言うと、理由はシンプルでユーザーをたくさん集めるためです。

ポイント目当てでも、たくさんのユーザーが広告を利用してくれれば、ポイントサイトにもたくさん広告収入が入りますからね。

特定の企業(お店)のサービスを利用して貯める

ある企業・お店独自のポイント制度もあります。

例えば以下のようなものがあります。

稼げる金額の例

  • 楽天市場:購入金額の最大16%
  • 関西電力:電気・ガス料金の0.8%
  • SBI証券:投資信託の保有額の0.01~0.2%

スマホや電気・ガスといった毎月支払う系のサービスに多いですね。

サービスの利用そのものにポイントがつくので、クレジットカードの支払いによるポイントと合わせて二重取りできます。

かける
かける

特に意識せず、何かしらポイントをもらえている人が多いのではないでしょうか。

ただし独自のポイント制度をもっている企業はたくさんあるので、どれが一番いいかを探すのは難しいです。

ポイ活は怪しい?本当に安全か

ネットだと「ポイ活=怪しい」みたいな意見が多いです。

ポイ活のなかでも、「ポイントサイト」が特に怪しまれているようですね(笑)

クレジットカードで支払ってポイントがつくことを「怪しい」と思っている人はいないでしょうから・・・

ポイントサイトは安全か

結論から言うと、まともなポイントサイトを選べば安全です。

実際ポイントサイトのなかには「換金できない」などの詐欺サイトもあるので、注意が必要です。

ポイントサイトに登録する場合、以下のなかから選んでおけば問題ありません。

  • ハピタス
  • モッピー
  • ポイントインカム
  • ライフメディア
  • ECナビ
  • ちょびリッチ
  • げん玉
  • ポイントタウン

いずれも大手&運営歴の長いサイトです。

ちなみに僕は現在はハピタスモッピーをメインに使い分けています。
理由は、広告案件の数・報酬がトップクラスだから。

迷ったら、一番稼ぎやすいハピタス▼にしておけば間違いありません。

ポイ活を長続きさせる6つのコツ

ポイ活を始めたはいいけど、すぐにやめてしまっては意味がありません。

ポイ活を長続きさせるには、コツがあります。

ポイ活を長続きさせる6つのコツ

  1. 完璧を目指さない
  2. ポイ活に過度な期待をしない
  3. 使いやすいポイントを貯める
  4. 貯めるポイントを絞る
  5. 効率の悪いポイ活で消耗しない
  6. ポイ活仲間を作る

完璧を目指さない

おトク情報をひたすら追いかける「ポイ活中毒」になってしまうと、長続きしません。

「1円でもおトクに・・・!」
「せめて月1万円くらいは絶対稼がないと・・・!」

ポイ活に限らず、完璧主義は身を滅ぼします。

習慣化したいなら、とにかくハードルを下げることがポイントです。

吉井雅之「習慣が10割」

別に100円しか稼げない月があってもいいじゃないですか。

肩に力を入れすぎると、その反動ですぐにポイ活がイヤになり、結局やめてしまいます。

やめてしまえば、稼ぎはその後ずっと0円のまま。

のんびりでも長く続けた方が、結果として多くのお金を稼げます。

ポイ活に過度な期待をしない

SNSにありがちですが、ポイ活について検索すると

「誰でもラクラク月10万」

みたいな、キラキラした言葉が目に付くかもしれません。

それはウソです。
ポイ活歴10年の僕が断言します。

ポイ活は給料のように安定して何十万も稼げるものではありません。

せいぜい月1000円~1万円くらいのお小遣い稼ぎです。

過度な期待をしてはいけません。

「1円でも得すればラッキー」

くらいのテンションでやりましょう。

使いやすいポイントを貯める

ポイントはいくら貯めたところで、使えなければ意味がありません。

  • ポイントを貯めたけど、全然おトク感が実感できない・・・
  • 有効期限が気になってモヤモヤ・・・
  • わざわざ遠い店に行かないとポイントが使えない

こんな状態では、ポイ活が嫌になってしまい、長続きしませんよね。

普段の生活のなかで、負担なく使えるポイントを貯めるべきです。

ポイ活を始める前に、「使えるポイントかどうか」をしっかり見極めましょう。

以下の4大共通ポイントなら、使いやすいのではないでしょうか。

使えるお店が多い共通ポイントの例

  • 楽天ポイント
  • Tポイント
  • dポイント
  • Pontaポイント

投資をしている人なら、SBI証券ならTポイント、楽天証券なら楽天ポイントを使えます。

かける
かける

個人的には、楽天ポイントが一番消費しやすいですね。
楽天ポイント・楽天ペイのどちらか一方でも対応しているお店なら、ポイントを消費できるので。

ポイントサイトの場合は、現金に交換できるサイトがほとんどなので、消費に困ることはありません。

貯めるポイントを絞る

ポイントを何種類も貯めようとすると、管理が大変です。

有効期限をいくつも気にしないといけないし、店によってカードを使い分けるのもめんどくさいですよね。

この「めんどくさい」って気持ちは、非常に危険です。

めんどくさい=無理が生じると、何事も長続きしません。

貯めるポイントは基本は1つ、多くても2つまでに絞りましょう。

効率の悪いポイ活で消耗しない

世の中いろんなポイ活があって、良いポイ活もあれば悪いポイ活もあります。

良いポイ活・悪いポイ活を見分ける方法はただ一つ。

自分の仕事の時給と比べておトクかどうか

を基準に判断することです。

たとえば。。。

  • 1日8時間
  • 月20日間労働
  • 手取り年収400万

こんな会社員の場合、本業の時給は約2000円。

時給換算して2000円未満になるようなポイ活はやらない方がいいと判断します。

たとえば時給500円のポイ活を1時間やるより、15分残業する方が、自由な時間が多く残りますよね。

逆に「クレジットカード発行で5000P」といった案件の場合、時給2万円を超えるので、やった方がいいという判断になります。
クレカの発行なんて10~15分もあればできますからね。

やらない方がいいポイ活の例

  • アンケート
  • データ入力
  • ゲーム

アンケートやデータ入力などの単純作業系は総じてダメです。

ポイントサイトだとミニゲームをやってポイントを稼ぐなんてのもありますが、これもダメです。
クソゲーな上、時給はアンケート以下です。

実は僕も一時期アンケートをガチってました。

往復の通勤電車と帰宅後で、たまったアンケートをすべて消化・・・

かなり疲れます。

 

届いたアンケートはほぼすべて消化していましたが、月1000~2000円が限界でした。

半年ほどガチで続けましたが、計算したら時給70円くらいだったのでやめました(笑)

 

30分くらいかかる長いアンケートだと「早く終わってくれ・・・」以外の感情がなくなるので、回答はめちゃくちゃテキトーです。

少ない報酬であんなもん最後までマジメに答えてる人は、1割もいないでしょうね。

世の中の「アンケート調査」なるものがいかに信用できないかを学びました(笑)

ポイ活仲間を作る

一人で続けるよりも、仲間がいた方が何事も継続しやすいですよね。

ポイ活について情報交換できますし、モチベーションも保ちやすいです。

家族や友人などと誘い合って、一緒に始めてみてはいかがでしょうか。

かける
かける

パートナーがいる方は一緒にやると家計が助かるカモ・・・

ただし、このときに注意点もあります。

  • しつこく勧誘しない
  • 家族で同じポイントサイトを使わない

しつこい勧誘は、人間関係を壊します。

相手が興味なさそうなら、すぐに引きましょう。

また家族で同じポイントサイトを使うと

「同一人物がアカウントを複数所持している」

と疑われ、最悪ポイント没収などの処分を受けることもあります。

家のWifiのように、家族で同じ通信回線を使うと、ポイントサイトからしたら同一人物によるものと認識されることがあるからです。

まとめ:まずは現金払いをやめるところから始めよう

この記事では、ポイ活の概要から注意点までざっくり解説しました。

ポイ活の種類を、もう一度おさらいしておきましょう。

ポイ活の種類

  1. 日常の支払いで貯める
  2. 特定の企業(お店)のサービスを利用する
  3. ポイントサイトで貯める

まずは日常の支払いをクレジットカード決済するところから始めましょう。
具体的には店舗での買い物や、光熱費・通信費といった固定費ですね。

あと普段ネットショッピングをする人は、ポイントサイトを経由するだけでポイントがもらえるので、とりあえず登録だけでもしておくといいでしょう。

ポイントサイトは、迷ったらハピタスをおすすめします。
理由は、広告案件の数・報酬が全サイト中トップクラスで、単純に一番稼ぎやすいから


▶ハピタスの無料登録はこちら

 

当たり前ですが、登録料・年会費・退会などすべて無料です。

いまクレジットカードを持っていない人は、まずはハピタスに登録し、ハピタス経由で楽天カードを発行しましょう。
楽天ポイントとハピタスポイント合わせて、常時1万円分くらいはもらえるはずです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました