【仮想通貨解説】クアンタム(QTUM)の特徴について解説

仮想通貨
はてなネコ
はてなネコ

仮想通貨のクアンタム(QTUM)について詳しく知りたい。クアンタムの特徴やどこで買えるのかを教えてほしい。

クアンタム(QTUM)ビットコインとアルトコインの仕組みを利用して作られた仮想通貨で、それぞれの特徴を併せ持っています。

また、ライトウォレットというシステムを導入しており世界中から注目を集めている通貨でもあります。

そこで今回は、実際にクアンタムや他の仮想通貨を買って200万円ほどの利益を出している僕が、クアンタムの特徴や今後の展望など初心者の方にもわかりやすく説明していきます。

この記事を読むとクアンタムのことが理解できるので、安心してクアンタムを買うことができます。

クアンタム(QTUM)の概要

クアンタム(QTUM)は2016年12月に誕生したオープンソースブロックチェーンを活用した仮想通貨です。

代表的な仮想通貨であるビットコインとイーサリアムの特徴を持っており、双方の通貨が抱えていた課題も解決済み

ビットコインの盤石なシステムと、イーサリアムのスマートコントラクト機能を兼ね備えたハイブリッド通貨として投資家の人気を集めています。

クアンタム(QTUM)を取り扱っている取引所は、Coincheck(コインチェック)ビットバンク(Bitbank)などであり、日本ではまだ認知度が低い状況ですが、認知度があがることによりさらなる価格上昇が見込まれます。

▼クアンタムを買うならビットバンクがおすすめ▼

クアンタム(QTUM)の特徴

クアンタム(QTUM)の特徴は以下のとおり。

  • UTXOによる高い匿名性
  • ビジネス向けのスマートコントラクトを実装
  • アカウントアブストラクトレイヤで匿名性と自動化を実現

順番に説明します。

①UTXOによる高い匿名性

クアンタム(QTUM)では残高管理にビットコインと同様の「UTXO」という方法を使用しています。

仮想通貨は円やドルのように実物が存在しません。「誰の口座にどの通貨がどれだけあるか」がデータ保存されているだけです。

しかし、ビットコインやクアンタムの場合、ウォレットに残高のデータそのものを記録するのではなくUTXOで管理しています。

UTXOとは
ユーザーに紐づけられた分割不可能な仮想通貨のブロック」で、このブロックの取引内容を追跡して、現在の残高を算出しています。

例えば、あなたが1BTCを持っていて、店舗で0.5BTCの買い物をしたとすると、残りは0.5BTCです。

しかし、UTXOは分割不可能なので、まず店舗に1BTCを渡し、お釣りとして0.5BTCを受け取るという方法になります。お釣りを受け取る新たなアドレスが作成され、0.5BTCはそのアドレスに紐づく仕組みです。

クアンタム(QTUM)は、こうした複雑な仕組みによって高い匿名性を維持できているのです。

②スマートコントラクトを実装

イーサリアムの大きな特徴であるスマートコントラクトという機能を、クアンタムも実装しています。

スマートコントラクトとは
事前に設定した条件が満たされると、自動的にプログラムが実行される仕組みです。

スマートコントラクトを活用することで、不動産や自動車の販売、オークション取引など、仲介者が必要だった取引を当事者だけで行うことができます。

そもそもクアンタム(QTUM)はビジネスでの活用を想定して開発された通貨なので、ビジネスを効率化するためにはうってつけの仮想通貨と言えます。

▶▶イーサリアム(ETH)についてはこちらの記事で紹介しています。

③アカウントアブストラクトレイヤで匿名性と自動化を実現

クアンタム(QTUM)でスマートコントラクトを動かすためには、多くの情報を書き込む必要があります。しかし、取引のたびに残高の計算を行うUTXOとは相性があまり良くありません。

この問題を解決するため、クアンタムはUTXOとスマートコントラクトの橋渡しが行えるアカウントアブストラクトレイヤ(AAL)」という技術を採用しています。

AALはクアンタムが開発した技術で、UTXOをベースにブロックチェーン上に仮想マシンを構築し、そこでスマートコントラクトを実行しています。

AALによって安全性や匿名性、データ容量の軽さを担保しつつ複雑な処理をスマートコントラクトによって行うことが可能になりました。

クアンタム(QTUM)の今後の展望

クアンタム(QTUM)の今後は以下の点から有望視されています。

  • クアンタムの創設者および企業との提携
  • ビジネス用途のブロックチェーン

クアンタム(QTUM)の創設者および企業との提携

クアンタム(QTUM)の創設者はパトリック・ダイ氏。ダイ氏は中国IT大手のアリババ出身で、2016年にクアンタムを創業しました。ダイ氏は2017年に経済誌Forbesで『30 under 30』(30歳以下の若手起業家)の1人に選ばれており、現在注目を浴びている起業家です。

さらにクアンタム(QTUM)は、様々な企業との提携実績があります。

2019年にはGoogle Cloudと提携。Googleのクラウドサービスでクアンタムのブロックチェーンを活用して分散型アプリ(DApps)を誰でも簡単に開発できるサービスを提供しています。

2018年にはAmazonのAWS中国部門と提携しており、今後もクアンタムと提携する企業が増えると予想されています。

ビジネス用途のブロックチェーン

クアンタム(QTUM)はビットコインとイーサリアムのメリットを兼ね備えることにより、実際のビジネスシーンで利用されることを意識して開発されています。

具体的には分散型アプリ開発やサプライチェーンの自動管理、そしてスマートコントラクトによる自動プログラム実行といった機能のビジネス利用を想定しています。

またクアンタム(QTUM)では、通貨の管理にライトウォレットを採用しています。UTXOにより従来のウォレットと比較してデータ量が少ないライトウォレットは、スマホからのアクセスも容易というメリットがあります。

ビットコインとイーサリアムの長所を併せ持つことで、迅速かつ安定したスマートコントラクトを実行し、分散型アプリを安全に稼働させることが可能です。

クアンタムの購入方法

クアンタム(QTUM)は以下の3社であればどこで買っても大丈夫です。

手数料が若干違ったりしますが、高額(100万円以上)の取引をしないのであれば大差ありません。

ちなみに僕はビットバンク(Bitbank)を使っていますが、アプリや取引画面が見やすいのと、積立もできるので重宝しています。

クアンタム(QTUM)が気になる方はまずは無料で口座を開設しましょう。スマホから5分くらいでサクッと開設できます。

▼新規会員登録キャンペーン実施中▼

まとめ:クアンタムは今後も価格上昇が期待できる

クアンタム(QTUM)は日本ではまだまだ認知度が低いですが、これから価格が上昇する可能性を秘めています。

ビットコインとイーサリアムの特徴を併せ持っているので、この2つの価格が上がればそれに連動してクアンタムの価格も上昇していくからです。

ビットコインとイーサリアムの最近の価格上昇を見ていると、クアンタムもまだまだ上がる可能性が高いと言えます。

クアンタム(QTUM)は1000円くらいと手ごろな価格なので、1万円分くらいの少額で始めてみると安心です。

仮想通貨を始めようかと悩んでいる方にとっては、買いやすいオススメの通貨になります。

いずれにせよ、始めようかどうしようか悩んでいる間にチャンスを逃してしまいます。

ここで一歩を踏み出して、明るい将来のために行動を起こしていきましょう!

▼新規会員登録キャンペーン実施中▼

コメント

タイトルとURLをコピーしました